STAFF INTERVIEW / スタッフインタビュー

お客様と親しくなれるのは、語れるブランドの魅力があること

フェリージ 青山店で働く林さんについて教えてください。

高校を卒業後、ホテルのレストランでホールスタッフとして勤務しました。5年ほど勤めた後、接客を続けられる職場を探して、イタリアのラグジュアリーブランドで販売スタッフを7年間経験しました。2014年に株式会社フィーゴに入社しまして、青山店で、販売スタッフとして勤務しています。入社5年目です。

林さんが、この会社で働くことを決めた理由は?

私は人と接することが昔から好きでした。⾼校を卒業してホテルのレストランを選んだのも、それが理由です。5年ほど勤めていたのですがハードな仕事だったので、将来を考えたときに続けるのは難しそうだと思ったんです。接客を続けられる働きやすい職場として選んだのが、前職のイタリアのラグジュアリーブランドでした。ですが、入社して7年ほど経った頃に、会社が日本から撤退することになってしまって...。新しい職場を探すことになりました。私の中では、接客という選択肢しかありませんでした。海外の有名ブランドからも誘っていただいたのですが、当社を選んだのはネームバリューだけではなくブランドにフィロソフィーがあったからです。『Felisi』のバッグは全て職人のハンドメイドですし、使い続けることで体の一部になるという考えがあります。お客様に語るべきストーリーがあることは、販売スタッフとして魅⼒だと感じました。

林さんが、入社してよかったと感じることを教えてください。

ブランドの良さやストーリーをお話しする接客が、とても楽しいですね。勤務地が青山という⼟地柄もあるのでしょうが、おしゃれ好きな方がショーウィンドウに惹かれて立ち寄ることも多いんです。ブランドのことはあまり知らなかった、という⽅も、『Felisi』が大事にしている姿勢を伝えることで商品に魅⼒を感じてくれます。そして、購入後も良い付き合いができるんですね。バッグを購入すれば無料メンテナンスが付きますから、毎週のようにご来店いただける方もおられます。接客は30~60分かけてじっくりと行ないますから、ブランドの魅力以外にも、プライベートの話もするんですね。お客様との距離を縮められますし、中には「今週は林さんおられますか?」と、私がいることを確認してからご来店される常連様もいます。初来店から関係性を築いていけるのは、ブランドに語るべきストーリーがある当社ならではだと思っています。

林さんが感じる株式会社フィーゴの社風を教えてください。

風通しが良いですし、店舗と本社スタッフの距離が近い会社です。青山の店舗には社長が定期的に来店して、「調子はどう?」と、様子を気にかけてくれます。MDが店舗によく顔を出すのですが、そのときにいろいろと提案もできるんです。例えば、「お客様が、こんな商品があったらいいな」と話されていたことを伝えると、実際に商品化されることも珍しくありません。現場の声を大事にしてくれていると感じますし、自分が単に販売を担うだけではないのだと実感できます。もちろん、店舗のスタッフ同⼠もコミュニケーションが活発です。ご飯を食べに行ったり、飲み会をしたり、交流はたくさんあります。あと、年間休日が119日と業界内で多めですし、残業もほとんどありません。プライベートを大事にできるからか、10年以上勤めているスタッフも大勢います。風通しの良さも働きやすさもあって、社員に優しい会社だと思いますね。

※フェリージ 青山店での在籍時のインタビュー